感性を広げる
5つの要素
Yasuko Koyama

良い演奏とはさまざまな能力や技術を統合して初めて成り立つものであり、大変な努力と忍耐を要するものです。

最後に、一番大切にしなければならないのは、

『楽器に向かったらつねに、よく響く美しい音を引き出すことを忘れずに・・・』 ということだと考えています。

無理のある奏法では、けっして楽器の持つ良い音を引き出すことはできません。理にかなった自然な奏法だけが良い音を導き出します。

そして、フォルテであれピアノであれ美しい音を出すことは、楽器を弾く心地よさにつながり、すべての能力を伸ばしていくカギになると考えます。また、合理的な奏法は体への負担も少ないので表現の幅も拡がり、音楽的にも自然な流れを作りだし、弾く人にピアノを演奏する喜びをもたらしてくれます。

Copyright

 

 

 

 

 

運動能力 身体的な感覚を磨く 感性を広げる 能力の統合とコントロール力、集中力と冷静さ 美しい音を目指すこと